オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    地震被災のビルなど

    最新の耐震補強について

    既存住宅をフォーム工事する時は、住宅の設計図を持ち出し、構造を確認する必要があります。これは目視だけでは確認で...

    Readmore
    個人宅の池の工事

    検討している場合

    耐震工事を検討している人で気付けていただきたいことがあります。 現在の建物を建て直さずに、耐震補強をする場合...

    Readmore
    家庭の池の工事

    地震大国

    大切な自宅の耐震化について考えたいと思います。地震大国と言われる日本に住む我々にとって、いつ襲ってくるとも知れ...

    Readmore
地震被災のビルなど

既存住宅をフォーム工事する時は、住宅の設計図を持ち出し、構造を確認する必要があります。
これは目視だけでは確認できない点があるためです。
壁に入り込んでしまっている柱や、補強金具がどこにどれだけ付いているかを確認します。
また柱の太さも重要です。
40年以上前の建物であれば、日本産の木材も使用されていますが、10年しか経っていない建物になると、木材が外国産の場合があります。
日本産と外国産の違いは、異なる気候で育った事による強度と、湿気に対しての強さにあります。
日本の材木は日本の気候の中で育っているため、湿気に強い (さらに…)

個人宅の池の工事

耐震工事を検討している人で気付けていただきたいことがあります。
現在の建物を建て直さずに、耐震補強をする場合、襷状に筋交いを掛けて補強し、壁に強固な金属プレートなどで固定します。
屋根は、瓦などの場合、落ちない軽量な耐腐食性の高い素材を用い、屋根の崩落を防ぎます。
地震の揺れは地下からくるため、基礎や土台から補強し直します。
壁の補強、屋根の補強、土台の補強とセットでしないことには、地震の揺れに耐えることが出来ません。
よくここで誤解となることがあるのですが、耐震補強と免震 (さらに…)